不動産の値段

見下ろしたリビング

今回は不動産の平均的な価格と、金額や価格の傾向について紹介していきたいと思います。しかし、不動産の平均的な価格は地域によって大幅に異なってくるので、今回はオリンピックも控えているということで、東京の不動産を中心に考えていきたいと思います。まず、平均的な価格ですがすべての間取りを目安に考えると5000万円くらいが平均的といえるのではないでしょうか。紹介だけしておきますが、一番高いのは港区で7000万円となっており、一番低価格な地域が足立区となっております。お金持ちが住んでいるのが港区が多いイメージ通りな感じの結果ですよね。東京の不動産はだいたいこのくらいが相場といっていいと思います。もちろん間取りにもよりますが、このような感じです。

次に不動産の金額と価格の傾向について紹介していきたいと思います。今後の傾向としてはアベノミクスの効果の増大化、2020年の東京オリンピックが大きなイベントとなってきており、不動産業界は急成長を余儀なくされているのが現状です。東京都内は建設ブームでどんどん不動産が建設されている現状で、とても盛んな業界だといえるでしょう。それに伴って金額もどんどん膨れ上がっていくと考えられます。オリンピックが開かれる地区に近づけば近づくほど、相場の金額も上昇していくと考えられます。もし、購入をお考えの方ははやめに相談にいくことをおすすめします。投資用不動産もいまのうちに手をつけておくのがベターであると私は考えます。