手数料の存在

工事の足場

仲介手数料は不動産会社にとっての大きな収入源の一つで、仲介業務によって得られる唯一の収入です。ですから、仲介手数料無料にすると経営が成り立たないのではないかと考える方もおられるでしょう。これは心配ありません。いくつかのケースがあって他に収入がある場合が多いからです。たとえば、売買物件の場合、買い手は仲介手数料無料ですが、売り手側が仲介手数料を支払うと言ったことが行われています。また、不動産会社が所有する賃貸物件の場合、仲介手数料無料でサービスを提供しても、賃料収入によって収入を得られます。このように他にもいろいろな収入源を確保できるために、仲介手数料というメリットを生かしてお客さんを集めています。

仲介手数料無料にすると仲介業務によって得られる収入はなくなりますから、不動産業者としてはあまり好まないと考えるかも知れません。しかし、それにもかかわらず仲介手数料無料のサービスが提供されるようになったのには理由があると考えられます。では、具体的にはどのようなことが考えられるのでしょうか。最も大きな影響は需要の減少です。賃貸であっても売買であっても、どちらの場合にも不動産の需要は減少していて、取引があまり行われなくなってきていると言えるでしょう。そのため、競争が盛んになり、手数料の引き下げ競争が行われている状態だと考えればわかりやすいです。引き下げも限界の状態に達したのが仲介手数料無料のサービスです。